求人

介護の求人は人気があります|やりがいのある仕事を始める

サポートする職業

女性と車いすの男性

様々な分野で活躍

介護・介助の違いとして、日常生活の動作に瞬時に手を差し出すのではなく、より豊かな生活を送るための支援が介助では必要で、入浴や食事などの生きるために必要となる動作が困難な方をサポートするのが介護の役割となっています。近年、超高齢社会の到来によって求人情報には専門性のある介護士のみならず、介助士の情報も展開されている特徴があります。高齢者が増えているものの、比較的元気な高齢者は多く、福祉関係の職に携わる方以外にも販売や旅客運送などのサービス業界からも求人情報が提案されている傾向にあり、駅内や空港内での移動やスーパーでの買い物の補助など、困っている内容でサポートできる方が近年、介護業界問わず求められています。

介助者としての携わり方

介護業界においては、資格や免許を活かした求人情報を豊富に展開して募集をかけ、求職活動中の方の中にはケアマネージャーや介護事務などの知識や技術を活かせる職場での活躍を求めています。高齢化が進む中、近年では介助に着目した求人情報も徐々に増えており、加齢による身体的特徴を理解する能力に優れている点でも業界全般で求められはじめています。例えば、認知症と健忘、老いに対するパーソナリティの違いについての理解に優れているため、専門的な施設での活躍に有利に働きます。また、将来の不安が常によぎるライフプランを意識する高齢者や介助する家族に対し、優しさを行動に移すことができる携わり方ができるため、老人ホームや在宅ケアなどの異なる施設でも活躍ができる利点が挙げられています。